北海道北見市の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

広告

北海道北見市のGoogleマップ

北海道北見市周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が北海道北見市の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
北海道北見市周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►北見市周辺の雨雲・天気予報►北見市周辺の渋滞情報►北見市周辺の人気ホテル・旅館►北見市周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

北見市について(wikipediaより)

北見市(きたみし)は、北海道オホーツク総合振興局にある市。オホーツク海沿岸から石北峠まで東西約110kmに広がっている。北海道(ただし、北方領土である択捉島などを除いた場合)で一番広い地方公共団体(日本国内では4番目の広さ)である。 「北見」の名の由来は、明治政府から国名を諮問された松浦武四郎が「この地を従来から北海岸と唱えてきたので北の文字を用い、カラフト島が快晴の日には見えるので、北見としてはどうか」と進言したことによる。旧北見市市制施行前の名称「野付牛」(のっけうし)は、アイヌ語の「ヌプンケシ」(野の一方の端)に由来している。 旧北見市は商工業・サービス業、端野町は農業、常呂町は漁業・農業、留辺蘂町は林業・温泉を中心に発展した。各地域の特性によって北見市は玉ねぎの生産量・出荷量、白花豆の生産量が日本一となっており、ホタテ漁が盛んで「ホタテ養殖発祥の地」にもなっている。また、ピアソン記念館やワッカ原生花園、常呂遺跡を含む「オホーツク沿岸の古代遺跡群」は「北海道遺産」に、「北見のハッカとハーブ」は環境省による「かおり風景100選」に選定されている。
► wikipediaでより詳細情報を見る

北海道北見市に関するYouTube動画

loading.

北見市に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)