東京都江戸川区の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

広告

東京都江戸川区のGoogleマップ

東京都江戸川区周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が東京都江戸川区の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
東京都江戸川区周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►江戸川区周辺の雨雲・天気予報►江戸川区周辺の渋滞情報►江戸川区周辺の人気ホテル・旅館►江戸川区周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

江戸川区について(wikipediaより)

江戸川区(えどがわく)は、東京都の特別区のひとつで東京23区の東部に位置する区であり、東京23区内では最東端の自治体にあたる。 郵便番号(上3桁)132・133・134 総面積は49.86km²で、23区内では4番目の広さだが、区民1人当たりの公園面積は23区内で1位である。 また、高齢者が多いが子供も多いので、23区内で最も区民の平均年齢が若く、合計特殊出生率も23区内で最も高い。 東端には江戸川が流れ、千葉県に接する。 コマツナ(小松菜)は江戸川区が発祥の地として知られ、現在の江戸川区小松川で将軍の徳川吉宗が鷹狩の際、名が無かった菜が入った味噌汁を食し、「小松菜」と命名したことに由来。現在では「小松菜アイス」、「小松菜そば」等、小松菜を使った郷土料理が区内の至る所で売られている。 また、朝顔の栽培が盛んで、毎年7月に台東区入谷で開催される朝顔市に出荷される朝顔の6割~7割は江戸川区産の朝顔である。 人口 昼夜間人口 2005年に夜間人口(居住者)は653,805人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は534,942人で昼は夜の0.818倍の人口になる。
► wikipediaでより詳細情報を見る

東京都江戸川区に関するYouTube動画

loading.

江戸川区に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)