東京都 東伏見駅の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

スポンサーリンク

東京都 東伏見駅のGoogleマップ

東京都 東伏見駅周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が東京都 東伏見駅の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
東京都 東伏見駅周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►東伏見駅周辺の雨雲・天気予報►東伏見駅周辺の渋滞情報►東伏見駅周辺の人気ホテル・旅館►東伏見駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

東伏見駅について(wikipediaより)

東伏見駅(ひがしふしみえき)は、東京都西東京市東伏見二丁目にある、西武鉄道新宿線の駅。駅番号はSS15。 西武鉄道の上保谷の開発計画は早稲田大学の誘致運動に始まる。まだ鉄道も開通していない1925年(大正14年)、西武鉄道(旧)は早稲田大学に対して上保谷に所有していた土地約2,500坪の寄付の申し出をし、その土地を大学は総合運動場として各体育部に利用させることに成功した。 さらに1927年(昭和2年)に上保谷(東伏見)駅が開業すると同時に分譲地の販売を開始した。分譲地は1区画100坪から300坪の間で3年 - 10年の月賦払いで販売し、入居してから1年間は鉄道の無料パスを進呈したという。なお、ここは長者園と呼ばれていた。 そして次に行ったのが伏見稲荷神社の勧請である。東伏見稲荷神社には西武鉄道所有の約7,000坪の土地の無償貸与と移転にかかる費用のうち3万円を提供し、御祭神には貴賓車を仕立てた特別列車を運行した。 この成果は駅の乗車人員に如実に反映されている。西隣の西武柳沢駅と比較してみると、1928年(昭和3年)度は18,840人と28,335人で西武柳沢駅の方が多かったが、1929年(昭和4年)度以降は東伏見駅が逆転し、1933年(昭和8年)度には113,860人と22,631人と東伏見稲荷神社への参拝客の増加であることがわかる。
► wikipediaでより詳細情報を見る

東京都 東伏見駅に関するYouTube動画

東京都 東伏見駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

東伏見駅に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)