栃木県下都賀郡壬生町の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

広告

栃木県下都賀郡壬生町のGoogleマップ

栃木県下都賀郡壬生町周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が栃木県下都賀郡壬生町の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
栃木県下都賀郡壬生町周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►壬生町周辺の雨雲・天気予報►壬生町周辺の渋滞情報►壬生町周辺の人気ホテル・旅館►壬生町周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

壬生町について(wikipediaより)

壬生町(みぶまち)は、栃木県の県央南部に位置し、下都賀郡に属する人口約4万人の町である。宇都宮市への通勤率は18.7%(平成22年国勢調査)。 壬生藩(壬生城)の城下町、また日光西街道(壬生通り)の宿場町である。ただし、現在の当町に属する地域がすべて壬生藩領であったわけではなく、元の南犬飼村の一部は宇都宮藩領に属していた地域も存在する。また一年余りで廃藩(元禄5-6年)になったものの、上田地区には下野上田藩が存在していた時期がある。 かつて、おもちゃ工場を誘致して工業団地を開発したことから、「おもちゃのまち」というユニークな地名が存在する。町の中央を流れる黒川沿いには茶臼山古墳や車塚古墳など多数の古墳が存在する。 2005年1月1日に那須郡西那須野町が合併し那須塩原市となって以来、栃木県内で最も人口の多い町である。 地理 町の西側を思川が流れ、東側を姿川が流れている。また黒川が町の南端で思川と合流している。 沿革 6世紀ごろ - 現在の大字羽生田付近に茶臼山古墳、桃花原古墳など複数の古墳が造られる。
► wikipediaでより詳細情報を見る

下都賀郡壬生町に関するYouTube動画

loading.

壬生町に関するツイート

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)