三重県 熊野市駅の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

スポンサーリンク

三重県 熊野市駅のGoogleマップ

三重県 熊野市駅周辺の地図を
Googleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が三重県 熊野市駅の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
三重県 熊野市駅周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►熊野市駅周辺の雨雲・天気予報►熊野市駅周辺の渋滞情報►熊野市駅周辺の人気ホテル・旅館►熊野市駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

熊野市駅について(wikipediaより)

熊野市駅(くまのしえき)は、三重県熊野市井戸町にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線の駅である。 特急『南紀』を含む全ての列車が停車し、また普通列車の一部が折り返すなど、線内の主要駅にして境界駅の一つでもある。 1940年8月、国鉄紀勢西線が新宮駅から延伸され、国鉄紀勢西線の終着駅として開業した。当時は現在の熊野市はまだ誕生しておらず、木本町の代表駅という位置付けであった。 開業から十年以上、和歌山方面からの終着駅の役目を担っていたが、1956年4月には紀勢西線がさらに新鹿駅まで延長されたため、中間駅となった。その後、1959年に紀勢西線と紀勢東線が接続し、亀山駅 - 和歌山駅(現在の紀和駅)間が紀勢本線となったことを受け国鉄紀勢本線の駅となり、さらに国鉄の分割民営化を経て現在に至っている。 年表 1940年(昭和15年)8月8日 - 国鉄紀勢西線の紀伊木本駅(きいきのもとえき)として開業。 1956年(昭和31年)4月1日 - 紀勢西線が当駅から新鹿駅まで延伸。 1959年(昭和34年)7月15日 - 現在の紀勢本線が全通し、紀勢本線所属となる。
► wikipediaでより詳細情報を見る

三重県 熊野市駅に関するYouTube動画

loading.

熊野市駅に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)