神奈川県 小田栄駅の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

スポンサーリンク

神奈川県 小田栄駅のGoogleマップ

神奈川県 小田栄駅周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が神奈川県 小田栄駅の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
神奈川県 小田栄駅周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►小田栄駅周辺の雨雲・天気予報►小田栄駅周辺の渋滞情報►小田栄駅周辺の人気ホテル・旅館►小田栄駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

小田栄駅について(wikipediaより)

小田栄駅(おださかええき)は、神奈川県川崎市川崎区小田栄にある東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線支線(南武支線・浜川崎支線)の駅である。当初は小田栄新駅(おださかえしんえき)の仮称で呼ばれていたが、2015年9月24日に正式駅名が決定した。 商業施設やマンションの建設等により飛躍的に人口が増加している小田栄地区の交通利便性向上とまちづくり推進を念頭に、JR東日本が自治体と連携して鉄道の利便性向上・利用拡大を目指す「戦略的新駅」第1号として検討されていた。2015年(平成27年)1月29日にJR東日本と川崎市が南武線周辺のイメージアップおよび子育て環境の向上等を目的とする包括連携協定を締結し、その第1弾として新駅の設置構想が具体化した。川崎市内にJRの新駅が開業するのは、JR設立後初となる。また、JR東日本横浜支社管内の新駅設置も1996年に同支社が発足して以後初であり、現在のJR東日本横浜支社管内に相当する区間で新たな旅客駅が設置されたのは、JR民営化最初期の1988年3月13日に開業した横浜線古淵駅以来28年ぶりとなった。
► wikipediaでより詳細情報を見る

神奈川県 小田栄駅に関するYouTube動画

loading.

小田栄駅に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)