香川県仲多度郡多度津町の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

香川県仲多度郡多度津町周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。香川県仲多度郡多度津町周辺の道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。渋滞情報マップの見方・使い方
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左上の「航空写真」を押すと地図の表示が香川県仲多度郡多度津町の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
その他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

さらに詳しく地図を調べたい場合は、住所検索をご活用ください。

►多度津町周辺の雨雲・天気予報►香川県仲多度郡多度津町周辺の渋滞情報►多度津町周辺の人気ホテル・旅館►多度津町周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

多度津町について(wikipediaより)

多度津町(たどつちょう)は、香川県仲多度郡に属する町。 古くから海上・陸上交通の要所として栄え、現在もJR四国の土讃線の起点となる多度津駅などがある。また少林寺拳法の総本山・総本部があることでも知られる。 地理 香川県の中部に位置し、南は讃岐平野、北は風光明媚な瀬戸内海国立公園に接している。瀬戸内海の行政区部内には塩飽諸島の高見島、佐柳島がある。1889年(明治22年)5月に丸亀-琴平間の約15.5キロに、国鉄・JRとなった路線の中では四国で初の鉄道が走り、四国鉄道発祥の地として知られる。 人口 1890年(明治23年)2月15日 - 多度郡多度津村と新町村が合併し、多度津町が誕生。 1899年(明治32年)3月16日 - 多度郡が那珂郡と合併し、仲多度郡となる。 1942年(昭和17年)5月10日 - 豊原村を編入。 1950年(昭和25年)4月 - 町章を制定する。 1954年(昭和29年)5月3日 - 四箇村、白方村を編入。 1956年(昭和31年)9月30日 - 高見島村と佐柳島村を編入し、現在に至る。
► wikipediaでより詳細情報を見る

仲多度郡多度津町に関するYouTube動画

loading.

多度津町に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

上記のグーグルマップでストリートビューをご覧になりたい場合は、右下の人形アイコン人形アイコン を見たい場所へドラック&ドロップすればストリートビューを見ることができます。 ドラックした際、水色になる場所(道路)はストリートビューを見ることができる場所です。
地図を拡大しておくと、より正確な位置にドラッグすることができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号による地図検索(地図とストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)