北海道山越郡の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

スポンサーリンク

北海道山越郡のGoogleマップ

北海道山越郡周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が北海道山越郡の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
北海道山越郡周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►山越郡周辺の雨雲・天気予報►山越郡周辺の渋滞情報►山越郡周辺の人気ホテル・旅館►山越郡周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

山越郡について(wikipediaより)

山越郡(やまこしぐん)は、北海道(胆振国)渡島総合振興局の郡。 人口5,914人、面積310.76km²、人口密度19人/km²。(2015年12月31日、住民基本台帳人口) 以下の1町を含む。 長万部町(おしゃまんべちょう) 郡域 1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。 長万部町の大部分(静狩を除く) 二海郡八雲町の一部(熊石各町を除く野田追川以西) 郡発足までの沿革 江戸時代の山越郡域には、松前藩によってヤムクシナイ場所が開かれていた。江戸時代初期の寛文9年6月に日高国域を中心に起こったシャクシャインの戦いの際、クンヌイ(現長万部町国縫)において蝦夷軍(アイヌ)と松前藩との戦いが行われている。この戦いで、松前に攻め込むほどの勢いであった蝦夷軍が、鉄砲を主力とする松前藩の前に破れ形成が逆転、後に平定されている。 江戸時代中期、安永2年長万部に飯生神社が創建される。寛政年間になり、それまで地形が険しく道が途絶え舟に乗り換えていた区間を、幕命を受けた松前藩によって山越郡と虻田郡の境を越える礼文華、弁辺等の山道(国道37号静狩峠の前身)が開削され、渡島国の箱館から道東や千島国方面に至る陸路(箱館から長万部までは国道5号の前身)が繋がっている。
► wikipediaでより詳細情報を見る

北海道山越郡に関するYouTube動画

loading.

山越郡に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)