北海道広尾郡の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

広告

北海道広尾郡のGoogleマップ

北海道広尾郡周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が北海道広尾郡の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
北海道広尾郡周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►広尾郡周辺の雨雲・天気予報►広尾郡周辺の渋滞情報►広尾郡周辺の人気ホテル・旅館►広尾郡周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

広尾郡について(wikipediaより)

広尾郡(ひろおぐん)は、北海道(十勝国)十勝総合振興局の郡。 人口13,071人、面積1,412.22km²、人口密度9.26人/km²。(2015年12月31日、住民基本台帳人口) 以下の2町を含む。 大樹町(たいきちょう) 広尾町(ひろおちょう) 郡域 1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の広尾町にあたる。 1906年(明治39年)に当縁郡の一部を編入した後の郡域は、上記2町から大樹町の一部(生花・晩成)を除き、中川郡幕別町の一部(忠類各町)を加えた区域にあたる。 郡発足までの沿革 江戸時代の広尾郡域は、松前藩によってトカチ場所が開かれていた。寛永12年にはアイボシマ付近の採金がはじまり、また十勝神社(後の広尾町に所在。十勝国一宮)の前身の戸賀知明神社(刀勝大明神)は寛文6年6月よりも前の創建である。藩政時代から明治時代初頭にかけての交通は、渡島国の箱館から千島国方面に至る道(国道336号の前身)が通じていたが、西端部に一部地形が険しい難所があったため、寛政10年幕吏近藤重蔵が私費を投じて蝦夷68名を雇い広尾郡の西隅にあたるビタタヌンケとルベシベツの間2里(7.9km)にルベシベツ山道を開削した。
► wikipediaでより詳細情報を見る

北海道広尾郡に関するYouTube動画

loading.

広尾郡に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)