北海道 円山公園の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

広告

北海道 円山公園のGoogleマップ

北海道 円山公園周辺の地図をGoogleが提供する地図サービス「グーグルマップ」(地図・ストリートビュー・航空写真)で表示しています。
地図(グーグルマップ)はドラッグして移動したり、右下の「+」「ー」で拡大縮小ができます。
地図左下の「航空写真」を押すと地図の表示が北海道 円山公園の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図」を押します。
ストリートビューを見るには、ストリートビューの使い方(操作方法)をご覧ください。
道路のリアルタイムな渋滞情報を表示することも可能です。
北海道 円山公園周辺のその他の場所を探すには住所検索・郵便番号検索が便利です。

►円山公園周辺の雨雲・天気予報►円山公園周辺の渋滞情報►円山公園周辺の人気ホテル・旅館►円山公園周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

円山公園 (札幌市)について(wikipediaより)

円山公園(まるやまこうえん)は、札幌市中央区にある公園。 札幌市民憩いの場となっており、札幌神社(現在の北海道神宮)鎮座後は市民の信仰や各種行事、花見の会場として利用され、明治末期から大正期にかけて神社に隣接する円山一帯を公園として運動場などを整備し、戦後には北海道内で初めての動物園が開園した。 円山原始林と連続する公園内には多くの自然が残されているほか、北海道や札幌開拓にまつわる銅像、石碑が建立されている。 1869年(明治2年)、開拓使判官の島義勇が現在の北海道神宮近くの「コタンベツの丘」で札幌本府建設の構想を練ったとされており、そこから真東に望んだ大友堀(現在の創成川)との交点をまちづくりの基点とした。また、島判官は神祇官から開拓三神を授けられており、現在地に神社を創建することも決めている。1870年(明治3年)に東北地方から農民団が入植し、それぞれ適地を求めて集落を形成していった。この年が庚午であったことから村の名前に使用され、円山辺りは庚午三ノ村と呼んでいたが、翌年に開拓使判官岩村通俊が神社の麓に村があることから京都にならって円山村と名づけ、山の名前も円山となった。
► wikipediaでより詳細情報を見る

北海道 円山公園に関するYouTube動画

loading.

円山公園に関するツイート

loading.

ストリートビューの見方・使い方

「►ストリートビューを見る」ボタンをクリックするとストリートビューが表示されます。 画面が真っ黒の場合は、左下にある地図の水色の線(道路)をクリックするとストリートビューが表示されます。
地図左下の拡大ボタンで地図を拡大しておくと、より正確な位置に移動することができます。
ストリートビューが表示されたら、画面をドラッグすることで自由に方向を変えて360度景色を楽しむことができます。
矢印が表示されている場合は、クリックして場所を移動することができます。

おまかせで日本や海外の絶景なストリートビューを楽しむなら ► ストリートビューの扉(外部リンク)

住所・郵便番号によるGoogleマップ検索(ストリートビュー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(Googleマップ)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)

郵便番号でGoogleマップ検索(地図とストリートビュー)