鳥取県 東浜駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

鳥取県 東浜駅の雨雲レーダー

鳥取県 東浜駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、鳥取県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

鳥取県の各地の天気予報・予想気温

鳥取県の天気予報・気温予報と天気概況です。

►東浜駅周辺のGoogleマップ►東浜駅周辺の渋滞情報►東浜駅周辺の人気ホテル・旅館►東浜駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

東浜駅について(wikipediaより)

東浜駅(ひがしはまえき)は、鳥取県岩美郡岩美町大字陸上(くがみ)字下塚畑にある西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅である。 起点から見て山陰本線の最初の鳥取県の駅で、また同県最北端の駅でもある。当駅と居組駅の間(上り第1閉塞信号付近)に福知山支社と米子支社の境界標が存在する(営業キロ上の分界駅は居組駅であるが、ダイヤ運用上では浜坂駅が事実上の境界となっている)ため、時折当駅を起終点とする試運転列車や回送列車などが設定されることがある。 東浜駅の所在する付近には、1911年(明治44年)に山陰本線が開通していたが、当時は東浜駅は設置されず、隣の岩美駅と居組駅のみが設置された。このため当駅周辺の住民は歩いて両駅を利用するほかなく、大正から昭和初期にかけて3回に渡り駅設置の請願を行ったが、採算性を理由に拒まれていた。第二次世界大戦後、当時の東村の村長だった岡田光治が20回以上に渡って国鉄への請願を繰り返した結果、1949年(昭和24年)に仮乗降場として開設され、1950年(昭和25年)1月1日に正式な駅となった。
► wikipediaでより詳細情報を見る

鳥取県 東浜駅に関するYouTube動画

鳥取県 東浜駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

東浜駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)