東京都世田谷区の雨雲レーダーと各地の天気予報

東京都世田谷区周辺の雨雲レーダーをヤフー株式会社が提供する地図サービス「Yahoo!地図」で表示しています。また、東京都の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
Yahoo!地図はドラッグして移動したり、地図左上の「ー」「+」で拡大縮小ができます。
地図右上の「航空写真」を押すと地図の表示が東京都世田谷区の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図+雨雲」を押します。

さらに詳しく地図を調べたい場合は、住所検索をご活用ください。

東京都の各地の天気予報・予想気温

loading.

►世田谷区周辺のGoogleマップ►世田谷区周辺の渋滞情報►世田谷区周辺の人気ホテル・旅館►世田谷区周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

世田谷区について(wikipediaより)

世田谷区(せたがやく)は、東京都の特別区の1つで、東京23区の南西部に位置する。 地理 元来この地域は武蔵国にあり、江戸時代、明治・大正時代も同地域の地方郡に属していた。地理的に東京区部の扱いになったのは、昭和時代の世界恐慌後に荏原郡や北多摩郡から旧東京市に編入されてからである。 東京23区の南西部に位置し、東京特別区の中では都心からは遠い場所にあり、多摩地域では吉祥寺、埼玉県では川口、千葉県の松戸、市川と同じ都心15km圏である。神奈川県と接する南側には多摩川が流れ、多摩川が概ね都県境を構成する。都心から放射状に鉄道が通り、鉄道間の連絡や各駅と住宅地を結ぶようにバス路線が走る。杉並区などと接する区北部は道路網が狭隘で非常に入り組み、交通網の発達が十分とはいえない地域となっている。貧弱な道路網の一因には、農地から宅地を造る際、農道を基礎としていることも理由にあげられる。 1990年代までは東京特別区で最大の面積であった。羽田空港用地の拡大(埋め立て)などにより、現在の最大面積は大田区である。 地形的には大部分が武蔵野台地の内、南部(多摩川の段丘上)に位置し、地形の起伏が多い。
► wikipediaでより詳細情報を見る

東京都世田谷区に関するYouTube動画

loading.

世田谷区に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。
拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。(+を押してつづけて「町」以上に拡大したときに非表示)
※雨雲レーダーが見える範囲は国内のみです。

降水量

雨雲は色によって降水量を表示しています。
  • 0~1
  • 1~2
  • 2~4
  • 4~8
  • 8~12
  • 12~16
  • 16~24
  • 24~32
  • 32~40
  • 40~48
  • 48~56
  • 56~64
  • 64~80
  • 80~
  • (mm/h)

住所・郵便番号による地図検索(地図と雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー)