東京都千代田区の雨雲レーダーと各地の天気予報

東京都千代田区周辺の雨雲レーダーをヤフー株式会社が提供する地図サービス「Yahoo!地図」で表示しています。東京都の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
Yahoo!地図はドラッグして移動したり、地図左上の「ー」「+」で拡大縮小ができます。
地図右上の「航空写真」を押すと地図の表示が東京都千代田区の上空から撮影した衛星画像に切り替わります。元に戻すには「地図+雨雲」を押します。

さらに詳しく地図を調べたい場合は、住所検索をご活用ください。

東京都の各地の天気予報・予想気温

loading.

►千代田区周辺のGoogleマップ►千代田区周辺の渋滞情報►千代田区周辺の人気ホテル・旅館►千代田区周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

千代田区について(wikipediaより)

千代田区(ちよだく)は、東京都の特別区の一つ。1947年(昭和22年)3月15日に麹町区と神田区が合併して誕生した。その際、江戸城の別名である「千代田城」に因んで「千代田区」となった。 東京の都心を構成する区の一つで、東京23区のほぼ中央に位置する。区の中央に皇居があり、区全体の約15%を皇居の緑地が占める。区域は、「江戸城」の外濠の内側部分とほぼ一致しており、外郭を含めた城址に当たる場所である。 西部は武蔵野台地の東端に当たる麹町台や駿河台といった台地で、東部は沖積平野である。北部に神田川が東に向かって流れ、日本橋川が三崎橋付近から分かれて流れている。 千代田区は、徳川幕府の本拠地として政治の中心となり、明治維新後も新政府が大名屋敷跡に官庁街を開設して首都機能を置いて「東京」の中心地としており、日本の政治の中心が引き続き置かれることになった。 歴史・概要 古来より荒川や利根川(現在の古利根川がかつての水路)、多摩川の河口部に近く、日比谷入江があったことから、海と川を利用した水運の根拠地となり、関東地方における流通の中心地としての機能を果たしていたといわれている「江戸湊」も当地区にあった。
► wikipediaでより詳細情報を見る

東京都千代田区に関するYouTube動画

loading.

千代田区に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。
拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。(+を押してつづけて「町」以上に拡大したときに非表示)
※雨雲レーダーが見える範囲は国内のみです。

降水量

雨雲は色によって降水量を表示しています。
  • 降水量レベル10~1
  • 降水量レベル21~2
  • 降水量レベル32~4
  • 降水量レベル44~8
  • 降水量レベル58~12
  • 降水量レベル612~16
  • 降水量レベル716~24
  • 降水量レベル824~32
  • 降水量レベル932~40
  • 降水量レベル1040~48
  • 降水量レベル1148~56
  • 降水量レベル1256~64
  • 降水量レベル1364~80
  • 降水量レベル1480~
  • (mm/h)

住所・郵便番号による地図検索(地図と雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Googleマップではストリートビューも見ることができます。

住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー)