大分県 賀来駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

大分県 賀来駅の雨雲レーダー

大分県 賀来駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、大分県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

大分県の各地の天気予報・予想気温

大分県の天気予報・気温予報と天気概況です。

---の天気
loading.

►賀来駅周辺のGoogleマップ►賀来駅周辺の渋滞情報►賀来駅周辺の人気ホテル・旅館►賀来駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

賀来駅について(wikipediaより)

賀来駅(かくえき)は、大分県大分市賀来北にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線の駅である。 1915年(大正4年)10月30日 - 大湯鉄道の駅として開業。 1922年(大正11年)12月1日 - 大湯鉄道が国有化され、鉄道省の駅となる。 1971年(昭和46年)2月10日 - 無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承が山陽新幹線以外の九州地区の旅客鉄道業務を継承。 2012年(平成24年)12月1日 - ICカードSUGOCAの利用を開始。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎は無く、自動券売機と係員の窓口が設置されている。通常時駅員の配置はなく、窓口にはシャッターが下りている。ICカードSUGOCAは出入場のみ対応し、当駅でチャージや購入はできない。1971年(昭和46年)2月10日から無人駅になった。 利用状況 1965年(昭和40年)度には乗車人員が193,344人(定期外:28,219人、定期:165,125人)、降車人員が193,455人で、手荷物(発送:106個、到着:30個)や小荷物(発送:278個、到着:410個)も取り扱っていた。
► wikipediaでより詳細情報を見る

大分県 賀来駅に関するYouTube動画

大分県 賀来駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

賀来駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)