新潟県 土樽駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

新潟県 土樽駅の雨雲レーダー

新潟県 土樽駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、新潟県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

新潟県の各地の天気予報・予想気温

新潟県の天気予報・気温予報と天気概況です。

---の天気
loading.

►土樽駅周辺のGoogleマップ►土樽駅周辺の渋滞情報►土樽駅周辺の人気ホテル・旅館►土樽駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

土樽駅について(wikipediaより)

土樽駅(つちたるえき)は、新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)上越線の駅である。 東京側から望むと、清水トンネルを出てすぐの位置にある。また、上越線は当駅(正確には上り線の清水トンネル高崎側出口付近)から宮内駅(信越本線と接続)までが新潟支社管轄である。 かつて上越線の敷設工事が行われた際は、この付近の難所(清水トンネル、松川ループ線)に備え、現在の土樽駅がある近くまで湯沢から延長約16kmの軽便鉄道線が敷設されていた。 1931年(昭和6年)9月1日 - 国有鉄道上越線 水上 - 越後湯沢間開通時に、土樽信号場として開業。 1933年(昭和8年)12月8日 - スキー季節中に限り、旅客営業を開始。当駅は、川端康成の『雪国』でもトンネルを出た後はじめに汽車が停車する「信号場」として登場する。実際に作品の書かれた当時は信号場であったが、冬季にはスキー客の利用を見込んで仮乗降場扱いで客扱いをしていた。 1941年(昭和16年)1月10日 - 駅に昇格、土樽駅となる。旅客駅。 1945年(昭和20年)12月15日 - 貨物の取扱を開始(一般駅となる)。
► wikipediaでより詳細情報を見る

新潟県 土樽駅に関するYouTube動画

新潟県 土樽駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

土樽駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)