奈良県 高の原駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

奈良県 高の原駅の雨雲レーダー

奈良県 高の原駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、奈良県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

奈良県の各地の天気予報・予想気温

奈良県の天気予報・気温予報と天気概況です。

►高の原駅周辺のGoogleマップ►高の原駅周辺の渋滞情報►高の原駅周辺の人気ホテル・旅館►高の原駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

高の原駅について(wikipediaより)

高の原駅(たかのはらえき)は、奈良県奈良市朱雀三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)京都線の駅。駅番号はB24。 平城ニュータウン建設に伴い、1972年(昭和47年)11月に開業。駅名は、万葉集に詠われた佐紀丘陵の古称とされる地名「高野原」にちなんで名づけられた。現在は関西文化学術研究都市の玄関口となっている。 1972年(昭和47年) - 平城駅から2.6km、山田川駅から1.6kmの地点に新駅が計画される。 7月 - 着工。勾配が急なため、既設線路東側に約900mの複線を敷き、上下線共通の95mのホームと線路上に架かる歩道橋に沿う駅舎を建設。 11月22日 - 平城ニュータウンの入居日(同年11月25日)に合わせるため、予定地より約50m南に仮駅で開業。普通・準急行が停車し、乗降客は一日およそ750人。 1973年(昭和48年)5月16日 - 跨線歩道橋に沿うように造られた橋上駅が完成。本開業。RC+S造で、延床面積は1,204m²。 開業時のホーム有効長は大型車4両分(95メートル)であったが、大型車10両分の用地が確保され、旧本線用地へのホーム増設が考慮されていた。
► wikipediaでより詳細情報を見る

奈良県 高の原駅に関するYouTube動画

奈良県 高の原駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

高の原駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)