三重県 江戸橋駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

三重県 江戸橋駅の雨雲レーダー

三重県 江戸橋駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、三重県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

三重県の各地の天気予報・予想気温

三重県の天気予報・気温予報と天気概況です。

---の天気
loading.

►江戸橋駅周辺のGoogleマップ►江戸橋駅周辺の渋滞情報►江戸橋駅周辺の人気ホテル・旅館►江戸橋駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

江戸橋駅について(wikipediaより)

江戸橋駅(えどばしえき)は、三重県津市上浜町三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線の駅である。「三重大学前」の副名称がある。 元々当駅は、四日市 - 津間の諸集落を結ぶために設立された伊勢鉄道(現存する第三セクター鉄道会社の伊勢鉄道とは異なる)が高田本山 - 津市(のちの部田)間を開業させた際、その一中間駅として設置されたものであった。この時は現在地より100メートル南方に設けられ、単式ホーム1本を有するだけの小駅であった。 その後、伊勢鉄道改め伊勢電気鉄道(伊勢電)は、大神宮前駅までの路線の建設による疲弊と昭和恐慌による乗客低迷で苦境に陥り、1936年(昭和11年)に現在の近鉄の直系母体である参宮急行電鉄(参急)に合併される。これに伴い伊勢電気鉄道の路線は同社の伊勢線となったが、この段階では接続駅はまだ設けられず、参急津線の津駅と参急伊勢線の部田駅(元は伊勢電津駅)の間を徒歩連絡としていた。 だが参急が伊勢電の保有していた免許・路盤を活用し、関西急行電鉄(関急)を設立して1938年(昭和13年)に桑名 - 名古屋間の路線を完成させると、津線と伊勢線間で乗り換えの需要が高まるため、津線を江戸橋駅まで乗り入れさせる事にした。
► wikipediaでより詳細情報を見る

三重県 江戸橋駅に関するYouTube動画

三重県 江戸橋駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

江戸橋駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)