三重県 三瀬谷駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

三重県 三瀬谷駅の雨雲レーダー

三重県 三瀬谷駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、三重県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

三重県の各地の天気予報・予想気温

三重県の天気予報・気温予報と天気概況です。

---の天気
loading.

►三瀬谷駅周辺のGoogleマップ►三瀬谷駅周辺の渋滞情報►三瀬谷駅周辺の人気ホテル・旅館►三瀬谷駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

三瀬谷駅について(wikipediaより)

三瀬谷駅(みせだにえき)は、三重県多気郡大台町佐原にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線の駅である。 大台町の中心駅で、大台ケ原の大杉口などの奥伊勢観光の拠点駅ともなっており、特急「南紀」を含むすべての列車が停車する。 当駅は1925年8月に、国鉄紀勢東線の川添駅から当駅までの開通に伴って国鉄紀勢東線の終着駅として開業したが、そのわずか1年ほど後の1926年8月には当駅から滝原駅まで一駅分だけが延伸となっている。 2006年(平成18年)3月に行われたダイヤ改正により、特急「南紀」が臨時列車を含めてすべて停車するようになった。それまでは特急は一部が当駅を通過していた。なお2012年3月のダイヤ改正時まで、当駅近くの宮川高等学校が定期考査期間など午前中で終了した日には、当駅と多気駅との間に臨時の普通列車が運転されていた。 1925年(大正14年)8月15日 - 国鉄紀勢東線の駅として開業。 1926年(大正2年)8月18日 - 国鉄紀勢東線が当駅から滝原駅まで延伸。 1959年(昭和34年)7月15日 - 三木里駅 - 新鹿駅間の開通をもって現在の紀勢本線が全通し新たに亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)の間が紀勢本線となり、当駅も国鉄紀勢本線の駅となる。
► wikipediaでより詳細情報を見る

三重県 三瀬谷駅に関するYouTube動画

三重県 三瀬谷駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

三瀬谷駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)