神奈川県 掃部山公園の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

神奈川県 掃部山公園の雨雲レーダー

神奈川県 掃部山公園周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、神奈川県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

神奈川県の各地の天気予報・予想気温

神奈川県の天気予報・気温予報と天気概況です。

---の天気
loading.

►掃部山公園周辺のGoogleマップ►掃部山公園周辺の渋滞情報►掃部山公園周辺の人気ホテル・旅館►掃部山公園周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

掃部山公園について(wikipediaより)

掃部山公園(かもんやまこうえん)は、神奈川県横浜市西区にある公園。横浜みなとみらい21を見下ろす高台にあり、園内には横浜開港に関わった井伊直弼の銅像が立つ。桜の名所としても有名である。 江戸時代までは海に面した高台で、不動山と呼ばれていた。 明治初期、新橋駅-横浜駅(現・桜木町駅)間の鉄道開通に携わったエドモンド・モレルなど外国人鉄道技師の官舎が建てられ、開通後も鉄道用地として利用していたことから、鉄道山と呼ばれた。 1884年(明治17年)に旧彦根藩士が買い取って井伊家の所有となり、1909年(明治42年)横浜開港50年記念に井伊直弼の銅像が建立された。除幕式には、井伊を開国の恩人とした銅像の建立趣意書に反発し、山縣有朋、伊藤博文、松方正義、井上馨は欠席した。 以後、直弼の官位である掃部頭(かもんのかみ)から、掃部山と呼ぶようになった。 1914年(大正3年)井伊家より横浜市へ寄付され、掃部山公園として整備された。 第二次世界大戦中には政府の金属回収指示によって銅像は取り払われたが、1954年(昭和29年)に開国100周年を記念して横浜市が再建している。
► wikipediaでより詳細情報を見る

神奈川県 掃部山公園に関するYouTube動画

神奈川県 掃部山公園に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

掃部山公園に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)