鹿児島県 大隅横川駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

鹿児島県 大隅横川駅の雨雲レーダー

鹿児島県 大隅横川駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、鹿児島県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

鹿児島県の各地の天気予報・予想気温

鹿児島県の天気予報・気温予報と天気概況です。

---の天気
loading.

►大隅横川駅周辺のGoogleマップ►大隅横川駅周辺の渋滞情報►大隅横川駅周辺の人気ホテル・旅館►大隅横川駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

大隅横川駅について(wikipediaより)

大隅横川駅(おおすみよこがわえき)は、鹿児島県霧島市横川町中ノにある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線の駅である。 駅構造 単式ホーム2面2線を有する地上駅。元は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線を有したが、真ん中の1線を撤去して2面2線の構造となった。 旧・横川町の中心駅だが、完全な無人駅である。駅舎は開業時からのもので、鹿児島県では嘉例川駅のものと並び最古である。無人駅であるが駅舎はきれいに保たれており出札口なども完全にその姿を残している。駅舎は2006年10月、100年以上前の姿を残し当時の建築構造を伝える重要な建造物として国の登録有形文化財に登録された。ホーム上の柱に機銃掃射で撃ち抜かれた痕跡が残っている。また島式ホームにはタブレット受けが残されている。年末は夜間、駅舎にイルミネーションが飾り付けられる。 1903年(明治36年)1月15日 - 横川駅として鉄道院が開設。 1920年(大正9年)9月1日 - 名称を大隅横川駅に変更。 1945年(昭和20年)7月30日 - 空襲を受けて駅舎周辺が焼け野原になる。
► wikipediaでより詳細情報を見る

鹿児島県 大隅横川駅に関するYouTube動画

鹿児島県 大隅横川駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

大隅横川駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)