兵庫県 川西能勢口駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

兵庫県 川西能勢口駅の雨雲レーダー

兵庫県 川西能勢口駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、兵庫県の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

兵庫県の各地の天気予報・予想気温

兵庫県の天気予報・気温予報と天気概況です。

►川西能勢口駅周辺のGoogleマップ►川西能勢口駅周辺の渋滞情報►川西能勢口駅周辺の人気ホテル・旅館►川西能勢口駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

川西能勢口駅について(wikipediaより)

川西能勢口駅(かわにしのせぐちえき)は、兵庫県川西市にある阪急電鉄・能勢電鉄の駅である。両者による共同使用駅となっている。駅番号は阪急電鉄がHK-50、能勢電鉄がNS01。 当駅は宝塚線の開業時から設置されていた駅ではなく、その駅名の示す通り1913年に能勢電気軌道(現在の能勢電鉄)との連絡を目的として設置された駅である。当初は能勢口駅を名乗ったが、市名を駅名に入れることを川西市が要望したため、1965年に現在の駅名となった。なお、能勢電側の駅は一時的に川西駅を名乗ったこともある。 当駅は開業時から長らく地上駅であったが、利用者の増加に伴い駅の改良に迫られるようになった。さらに、駅東側で県道川西篠山線を横切る踏切があったが、ニュータウン開発により交通量が増加した上に、2つの路線に踏切があったため慢性的に渋滞が発生するようになった。このため当駅付近の連続立体交差化事業が持ち上がり、当初の計画より3年遅れた1996年に当駅の高架化が竣工した。以下、地上にあった旧駅について詳説する。 地上駅時代 高架化以前は、阪急の駅と能勢電鉄の駅は並列していたものの、改札はそれぞれ分離されていた。
► wikipediaでより詳細情報を見る

兵庫県 川西能勢口駅に関するYouTube動画

兵庫県 川西能勢口駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

川西能勢口駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)