北海道 尾白内駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

スポンサーリンク

北海道 尾白内駅の雨雲レーダー

北海道 尾白内駅周辺の雨雲レーダーをWindy.comが提供する地図サービスで表示しています。また、北海道の各地の天気予報・予想気温、天気概況も表示しています。
雨雲レーダーで日本全国上空の雨雲(ゲリラ豪雨や台風など)の接近や進路を把握することができます。►雨雲レーダーの見方・使い方
地図はドラッグして移動したり、地図左上の「+」「−」で拡大縮小ができます。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

北海道の各地の天気予報・予想気温

北海道の各地の天気予報・気温予報と天気概況です。

---の天気
loading.
---の天気
loading.
---の天気
loading.
---の天気
loading.
---の天気
loading.
---の天気
loading.
---の天気
loading.

►尾白内駅周辺のGoogleマップ►尾白内駅周辺の渋滞情報►尾白内駅周辺の人気ホテル・旅館►尾白内駅周辺のライブカメラ
※周辺のライブカメラは外部リンク

尾白内駅について(wikipediaより)

尾白内駅(おしろないえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町尾白内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の駅である。駅番号はN64。電報略号はオナ。 1927年(昭和2年)12月25日:渡島海岸鉄道東森仮駅 - 砂原駅間開通に伴い開業。一般駅。現在とは別の場所に位置した。 1945年(昭和20年)1月25日:渡島海岸鉄道国有化に伴い、国有鉄道函館本線の駅となり、旧駅から約250m鹿部駅寄り、旧渡島海岸鉄道線と新線の分岐点手前に相当する位置に移設再開業。 1949年(昭和24年)6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道(国鉄)に継承。 1960年(昭和35年)6月10日:貨物扱い廃止。 1971年(昭和46年)10月26日:荷物扱い廃止。同時に無人化。簡易委託駅となる。 1976年(昭和51年)頃:簡易委託廃止、完全無人化。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道(JR北海道)に継承。 1988年(昭和63年)3月:旧駅舎が解体され、貨車改造駅舎が設置される。
► wikipediaでより詳細情報を見る

北海道 尾白内駅に関するYouTube動画

北海道 尾白内駅に関するYouTube動画を表示します。※関連しない動画が表示されることがありますので、ご了承ください。

尾白内駅に関するツイート

loading.

雨雲レーダーの見方・使い方

地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「+」「−」で縮尺を調整します。
雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。
地図右上のメニューより、風・雨、雷・気温・雲・波・一酸化炭素濃度・気圧などに表示を切り替えることができます。

住所・郵便番号によるWindy地図(雨雲レーダー)

検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。
Windy地図では雨雲レーダーも見ることができます。

住所でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)

郵便番号でWindy地図検索(地図と雨雲レーダー)